初甲子園決めた長野・飯山 2年生右腕・常田にスカウト注目

公開日: 更新日:

 長野で、30年ぶりの公立校同士による決勝を制した飯山。2016年に飯山市内にあった3校が統合してできた新チームが、優勝候補の上田西などを退けて、初の甲子園進出を果たした。

 17年4月に就任した吉池監督(29)の手腕もさることながら、注目は2年生右腕の常田唯斗(右・右/181センチ・72キロ)。身長は高校入学後も伸び続け、体重も着実に増えている。

「それにつれて、直球の最速も145キロをマークするまでになった。父は飯山の前身である飯山北野球部の主将だった。常田は父が監督を務めた少年野球チームで野球を始め、強豪校の誘いを蹴り、父の背中を追って、飯山を選んだ」(セ球団北信越担当スカウト)

 決勝戦では延長十回に、自らのバットで試合を決めるなど、ここ一番の勝負根性もある。

「雪深い土地で生まれ育った常田は小学生時代、スキーをやって足腰を鍛えた。下半身が強い上に肩肘の関節もやわらかく、来年はドラフト候補に入ってくる。この夏、さらに成長する可能性を秘めています。ローテは3年生左腕の岡田恵太と2人で回すため、地方の無名校だとなめてかかると、痛い目に遭うかもしれません」

 とは、前出のスカウトだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  6. 6

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  9. 9

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  10. 10

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<2>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る