初甲子園決めた長野・飯山 2年生右腕・常田にスカウト注目

公開日: 更新日:

 長野で、30年ぶりの公立校同士による決勝を制した飯山。2016年に飯山市内にあった3校が統合してできた新チームが、優勝候補の上田西などを退けて、初の甲子園進出を果たした。

 17年4月に就任した吉池監督(29)の手腕もさることながら、注目は2年生右腕の常田唯斗(右・右/181センチ・72キロ)。身長は高校入学後も伸び続け、体重も着実に増えている。

「それにつれて、直球の最速も145キロをマークするまでになった。父は飯山の前身である飯山北野球部の主将だった。常田は父が監督を務めた少年野球チームで野球を始め、強豪校の誘いを蹴り、父の背中を追って、飯山を選んだ」(セ球団北信越担当スカウト)

 決勝戦では延長十回に、自らのバットで試合を決めるなど、ここ一番の勝負根性もある。

「雪深い土地で生まれ育った常田は小学生時代、スキーをやって足腰を鍛えた。下半身が強い上に肩肘の関節もやわらかく、来年はドラフト候補に入ってくる。この夏、さらに成長する可能性を秘めています。ローテは3年生左腕の岡田恵太と2人で回すため、地方の無名校だとなめてかかると、痛い目に遭うかもしれません」

 とは、前出のスカウトだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る