ベイ今永は完封9勝目も…侍Jへ気がかりな昨季の“トラウマ”

公開日: 更新日:

 代表入りへ一歩リードした。

 25日、DeNAの今永昇太(25)が阪神戦に先発し、4安打完封で9勝目を挙げた。この日は稲葉監督ら侍ジャパンの首脳陣が視察。「きょうは今永選手を見に来た」と話した稲葉監督は、粘り強さとマウンド度胸に目を細めていた。

 登板中に露呈した課題を、試合中、もしくは次回登板までに復習し、修正できるのが今永の特徴でもある。7月に2試合連続黒星と苦戦した際は「いつもは5球程度しか投げないカーブを多めに投げてしまった。不用意に投げすぎないようにしたい」と内省。この日、カーブは4球にとどめ、今季2度目の完封にこぎつけた。

 そんな修正能力の高い今永も、昨季は4勝11敗、防御率6.80と低迷。春季キャンプ後の侍ジャパンの強化試合に出場後、左肩に違和感を覚え、フォームを崩したのが原因だった。そのため、昨オフはフォームの修正に努めた。DeNA投手陣の中でも随一の理論派ではあるが、侍ジャパンの代表入りはちょっと心配だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  5. 5

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  8. 8

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  9. 9

    原監督の隣で評価上げる“参謀”巨人・元木ヘッドの万能ぶり

  10. 10

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

もっと見る