ベイ今永は完封9勝目も…侍Jへ気がかりな昨季の“トラウマ”

公開日: 更新日:

 代表入りへ一歩リードした。

 25日、DeNAの今永昇太(25)が阪神戦に先発し、4安打完封で9勝目を挙げた。この日は稲葉監督ら侍ジャパンの首脳陣が視察。「きょうは今永選手を見に来た」と話した稲葉監督は、粘り強さとマウンド度胸に目を細めていた。

 登板中に露呈した課題を、試合中、もしくは次回登板までに復習し、修正できるのが今永の特徴でもある。7月に2試合連続黒星と苦戦した際は「いつもは5球程度しか投げないカーブを多めに投げてしまった。不用意に投げすぎないようにしたい」と内省。この日、カーブは4球にとどめ、今季2度目の完封にこぎつけた。

 そんな修正能力の高い今永も、昨季は4勝11敗、防御率6.80と低迷。春季キャンプ後の侍ジャパンの強化試合に出場後、左肩に違和感を覚え、フォームを崩したのが原因だった。そのため、昨オフはフォームの修正に努めた。DeNA投手陣の中でも随一の理論派ではあるが、侍ジャパンの代表入りはちょっと心配だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る