コーチの理不尽な説教や鉄拳にブチ切れ「ふざけんな!」と

公開日: 更新日:

 緒方孝市監督(50)による今回の鉄拳制裁をいち早く報じた週刊新潮の記事には、全力疾走を怠った野間峻祥(26)を呼び出した指揮官が、<8畳くらいの監督室で、怠慢プレーについて監督は相当な勢いで叱責しました。そして監督の手が6回、野間に飛んだのです>とする球団関係者の証言が載っている。記事によれば、<野間は被害届の提出などを検討したけど、長野(久義)らベテランに説得されたようです>という。被害届うんぬんの真偽は不明だが、体育会系的な絶対的主従関係が存在するプロ野球の世界で、選手が監督を訴えるというのは現実的ではないだろう。

 この連載で紹介した現役選手の話でもわかるように、選手は監督やコーチに従順であるのが当たり前で、少しでも反抗的な態度を見せるだけで、鉄拳が飛んできたり、殴られないまでも、干されて試合出場の機会を失ったりする。

■今では名指導者

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  5. 5

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    悪いことしている自覚あり 野党時代の菅氏発言を振り返る

  10. 10

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

もっと見る