権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

打者のスイング軌道は変わった 投手も“低め信仰”を捨て去れ

公開日: 更新日:

 球児が熱戦を繰り広げている甲子園で本塁打が乱れ飛んでいる。

 大阪の履正社が1回戦で1試合5発の大会タイ記録をマークすれば、智弁和歌山は2回戦でこれも大会最多タイだという1イニング3本塁打。同じ日に福井の敦賀気比の杉田選手が史上6人目となるサイクル安打を達成するなど、球児の猛打が話題になっている。

 一昨年の夏の大会では大会新の68本塁打が記録された。投手の球数制限と同時に金属バットの規制についても議論してしかるべきだと思うが、今の球児のスイングを見れば、金属バットだけが本塁打量産の原因でないことがよく分かる。

 多くの選手がアッパー気味のスイング軌道で、球をかち上げるように打っているのだ。フライボール革命のメジャーリーガーよろしく、今どきの高校生は実に迫力あるスイングをする。プロ野球もそうだが、筋力強化を含めたトレーニング理論も格段に進化し、データ分析も日進月歩。打撃力は今後、ますます向上していくだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る