武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

過去の価値観や根性論を引きずる学生スポーツの時代錯誤

公開日: 更新日:

 年配の読者に懐かしい歌手に旗照夫がいる。「ハッシャバイ」「あいつ」がヒット、現役続行中と聞く。東京出身の旗さんは戦時中、父親の仕事の関係で仙台にいた。尋常小学校卒業の年に終戦を迎え、1年間だけ仙台一中(現仙台一高)に在学した。疎開者はすぐには戻れなかったのだ。野球部に入り、仙台二中との伝統の定期戦に出た。

 旗さんは、監督の指示で一度もバットを振らなかった。四球作戦。一塁ベースに立つと、自分の目の位置に一塁手のベルトがあったそうだ。誇張だろうが、それほど体格が違ったのだ。昭和21年のことで、1年生の旗は13歳、二中の一塁手は5年生。二中は翌年、エース二階堂正を擁して甲子園に行き、前年覇者の浪商を破っている。

 戦後3年目の昭和23年から6・3・3制となり、甲子園大会は「全国中等学校優勝野球大会」を「全国高等学校野球選手権大会」と改め、高校総体(インターハイ)とも決別した。この学制改革から日本のスポーツは混迷を引きずっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  6. 6

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  7. 7

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  8. 8

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  9. 9

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る