12勝で合格では限界…横綱白鵬が計る「引退」のタイミング

公開日: 更新日:

 東京五輪まで持たないかもしれない。

 横綱鶴竜(33)の6度目Vで幕を閉じた大相撲7月場所。22日の優勝一夜明け会見では、「最高の気分」と満面の笑み。さらに「日々、成長をしたいという気持ちは変わらない」と、決意も新たにした。

 一方、後輩の後塵を拝したのが白鵬(34)だ。14日目を終えた時点で2敗。千秋楽で1敗の鶴竜に勝てば優勝決定戦に持ち込めたものの、がっぷり四つに組みながら寄り切られた。

 12勝3敗は横綱としては申し分ない成績とはいえ、無敵を誇った白鵬にしては物足りない数字。そこで気になるのが、決まり手だ。白鵬がもっとも得意としているのは寄り切り。全盛期は年に30番前後、この手で勝ったことがある。それが今場所はたったの2番。12勝中、1勝は不戦勝として、残り9番は引き技や投げ技で、盤石の寄りは影を潜めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る