「4大関休場」は昭和以降初 “肥満力士”増加が招いた醜態

公開日: 更新日:

 4大関の休場は、昭和以降では初となる“醜態”だそうである。

 17日、高安(29)が「左肘関節内側側副靱帯断裂」との診断書を相撲協会に提出。この日の11日目からの休場が発表された。これで、貴景勝(22)、栃ノ心(31)、豪栄道(33)と4大関が土俵から姿を消すことになったのだ。しかも、この日の高安は横綱白鵬との取組。八角理事長(元横綱北勝海)は「申し訳ない。横綱戦がないのは申し訳ない。お客さんはそれを楽しみにしているのに」と平謝りだったが、上位陣に休場が相次ぐ事態はなにも今場所に限った話ではない。

 今場所を含めた直近10場所で、大関横綱が揃って千秋楽を迎えたのは、たったの2場所。今年の初場所にいたっては、3大関3横綱のうち、1大関2横綱が途中休場となって、満員の観客のため息を誘ったばかりだ。

 貴景勝は右膝靱帯損傷、栃ノ心は左肩腱板断裂に右膝前十字靱帯再断裂、豪栄道は右肩腱板不全損傷、高安は前述した左肘側副靱帯断裂……とおどろおどろしい診断名がついている。ケガでは仕方がないとはいえ、こうも上位陣に休場が相次ぐ事態を協会が看過するわけにはいかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る