「4大関休場」は昭和以降初 “肥満力士”増加が招いた醜態

公開日: 更新日:

 4大関の休場は、昭和以降では初となる“醜態”だそうである。

 17日、高安(29)が「左肘関節内側側副靱帯断裂」との診断書を相撲協会に提出。この日の11日目からの休場が発表された。これで、貴景勝(22)、栃ノ心(31)、豪栄道(33)と4大関が土俵から姿を消すことになったのだ。しかも、この日の高安は横綱白鵬との取組。八角理事長(元横綱北勝海)は「申し訳ない。横綱戦がないのは申し訳ない。お客さんはそれを楽しみにしているのに」と平謝りだったが、上位陣に休場が相次ぐ事態はなにも今場所に限った話ではない。

 今場所を含めた直近10場所で、大関横綱が揃って千秋楽を迎えたのは、たったの2場所。今年の初場所にいたっては、3大関3横綱のうち、1大関2横綱が途中休場となって、満員の観客のため息を誘ったばかりだ。

 貴景勝は右膝靱帯損傷、栃ノ心は左肩腱板断裂に右膝前十字靱帯再断裂、豪栄道は右肩腱板不全損傷、高安は前述した左肘側副靱帯断裂……とおどろおどろしい診断名がついている。ケガでは仕方がないとはいえ、こうも上位陣に休場が相次ぐ事態を協会が看過するわけにはいかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  10. 10

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る