渋野日向子の今後を危ぶむ声…超過密日程で試合前から消耗

公開日: 更新日:

 渋野は人気選手だけに頻繁には休めず、体調不良でも大会を盛り上げるために前夜祭から引っ張り回されることになる。試合前にヘトヘトになってしまえば本業のゴルフにも集中できない。

 試合会場の外でも過密スケジュールだ。

「東京五輪の代表メンバー入りも濃厚ですから、マネジメント会社にはすでにスポンサー契約のオファーが殺到しているでしょう。しかし、スポンサーと契約すれば年間に数日の拘束日があって、CM撮影やイベント参加が義務付けられます。スポンサーが増えれば、それだけ試合の合間を縫って“第2の仕事”を消化していくしかない。オフになれば、企業主催のプロアマ大会が全国各地で開催される。シード選手のプロアマ出場料は30万~50万円が相場といわれ、賞金女王クラスは100万円。メジャーを制した渋野の場合は、おそらく200万~300万円になることも考えられます。実入りはいいが、目が回るほど忙しくなります」(代理店関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る