佐々木朗希 復帰登板への思い「投げて世界一に貢献したい」

公開日: 更新日:

■投げる投げない「自分一人では決められない」

 佐々木は去る1日、大学選抜との試合でマメを悪化させて以降、初めてテーピングを外してキャッチボールをした。その際、今後のブルペン入りについて、「自分一人では決められないので、ドクターと相談して決めます」と言っている。チームは慎重に慎重を期し、佐々木のリハビリを進めた。最速163キロを誇る怪物は来年のプロ入り、将来的なメジャー挑戦を視野に入れている。ましてや、医師から「163キロに耐えられる体ではない」と診断されている佐々木は、自分一人の意思で投げる投げないを判断するようなレベルを超えたところで、プレーしているというのだ。

 佐々木自身、何よりこの大会で世界の逸材を相手に腕試しをし、チームの世界一に貢献したい。それが、投げられずに終わった岩手県大会での批判を払拭し、自身の鬱憤を晴らす唯一の方法だと思っているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る