佐々木朗希 復帰登板への思い「投げて世界一に貢献したい」

公開日: 更新日:

■筑波大学の練習に参加

「もっとも、佐々木の肩肘の状態は問題なかった。佐々木の起用については、監督や佐々木本人だけで決めているわけではないそうです」

 と、さるセ球団スカウトがこう続ける。

「それはこのU18もしかりです。実は佐々木は、岩手県大会後に数日間、筑波大学の練習に参加している。石川、熊田の東邦コンビが社会人の王子へ、宮城、浅田(有明)がホンダ熊本の練習に参加したのと同様、4月の合宿でこれと見込まれ、甲子園に出場できなかった選手は木製バットへの対応やレベルの高い練習環境に身を置いて練習することで、来るべき世界大会に向けて準備を進めていました。筑波大は国保監督の母校であり、4月に骨密度の診察を受けたのも筑波大出身の馬見塚医師。同大の川村監督は、高野連からの依頼で4月の合宿中に佐々木を含めた全選手のデータ解析を行った縁もある。そうした佐々木の周囲は、『肩肘は消耗品』という考え方で一貫しており、彼らのアドバイスの下、佐々木は県大会を戦い、このU18でより優れたパフォーマンスが発揮できるように準備をしてきたそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る