本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

公開日: 更新日:

「小川監督の後任は、高津二軍監督と池山の一騎打ちの様相だね」

 球団OBがこう言う。

 5位中日に9・5ゲーム差の最下位に沈み、CS進出の可能性が消滅したヤクルト小川淳司監督(62)が昨8日、今季限りで退任する意向を表明。ポスト小川の最有力候補とみられていた宮本慎也ヘッドコーチ(48)の退団も決まった。

 今季が2年契約の最終年だった小川監督の退任はともかく、宮本ヘッドの退団は意外に思うファンもいるのではないか。

「次は宮本監督ともっぱらだったからね。ただ、宮本はチームが2位に躍進した昨年から『いつでも責任を取る覚悟はできている』と言っていた。地位に恋々とするタイプじゃないし、今季の89失策は昨年に続いてリーグワースト2位で、守備の名手として受け入れ難い数字だろう。周囲はポスト小川と見ていたが、本人は以前から『ボクが監督になることはないですよ』と冷静だった。実際、球団からも宮本への禅譲という話は聞こえてこなかった。厳しい指導とそれに起因する選手との関係を懸念する声があったのも事実。退団の意向を伝えた小川監督の去就はオーナーが最終判断することになったが、宮本の辞意は球団がすぐに了承した」(前出のOB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る