権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

人を育て伸ばすとは…ヤクルト村上の開花に小川監督の胆力

公開日: 更新日:

 ヤクルトの高卒2年目野手、村上宗隆(19)が過去の「怪物」に肩を並べた。今季31本、86打点は本塁打で清原和博、打点で中西太さんに並ぶ、高卒2年目以内のプロ野球記録である。

 一方で打率はセ・リーグ最下位の.232。守備では一塁手、三塁手としてリーグワースト2位の15エラーを記録している。これを、あげつらう声もあるようだが、バカを言いなさんな、だ。

 村上の最大の長所は長打力と勝負強さである。チマチマとヒットを狙うようになっては、彼の魅力は半減する。特に長打力は、持って生まれた能力によるものが大きい。つまり、長距離砲は指導者の力で育てられるものではない。セの打撃成績を見れば、それはよく分かる。昨季、規定打席に達して打率3割超をマークした選手は15人もいるが、30本塁打以上を打った選手は7人しかいない。そのうち2人は助っ人外国人。打高投低の現在の球界にあっても、長打力はそれほど貴重だということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  5. 5

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  8. 8

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る