研究されてもHR量産 ヤクルト村上を変えた助言と意識改革

公開日: 更新日:

 記録更新目前となった。

 16日の広島戦で2発を放って35本塁打、中西太の持つ高卒2年目以内の最多本塁打記録(36本)まであと1本に迫ったヤクルト・村上宗隆(19)のことだ。

 シーズン中盤には相手チームに研究され、三振や凡打の山を量産。見るに見かねた石井琢打撃コーチは村上の意識改革に着手した。

「潜在意識の中でどうしても体が無意識に右に大きいのを、というのがスイングで出ている。ホームランに味をしめると、それに取りつかれるように同じスイングをしようとしてフォームが崩れていく。それを踏まえて反対方向に意識させる。結局、試合になったら『フォーム』では打てない。その意識ひとつ変えるだけで良くなる」

 アドバイスが奏功したか、7月は21試合で1本だった本塁打が8月には27試合で11本に。8月以降の計15本塁打中、右方向は5本、左方向は7本、中堅方向は3本と、広角に打ち分けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

  5. 5

    台風19号被害拡大 災害頻発列島で疑問だらけの対策対応<1>

  6. 6

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

  9. 9

    W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

  10. 10

    クジで痛い目にあいたくない球団が入札で狙う社会人投手の名前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る