10代最多32号 ヤクルト村上“2冠”なら年俸どこまで上がる?

公開日: 更新日:

 清原・坂本勇超えもあるかもしれない。

 優勝の可能性が完全消滅し、CS進出も絶望的な最下位ヤクルト。5日は広島に完敗し、5位中日とのゲーム差は8に広がった。

 そんなチームで奮闘しているのが村上(19)だ。もっか32本塁打(リーグ4位)、90打点(同1位タイ)。高卒2年目以内の記録に限れば、中西太(1953年西鉄)の86打点、清原(86年西武)の31本塁打を上回った。仮に打撃2冠を獲得したら、年俸は今季の800万円からいくらアップするのか。

 あるセ球団のフロントは「ヤクルトの査定担当は悩むだろう」と、こう話す。

「村上の成績は高卒2年目としてずばぬけているが、チームは最下位なので貢献度という点では評価しにくい。だが、チーム成績にかかわらず、村上の打撃成績は何度もメディアで取り上げられた。チームの広告塔としての役割は大きい。フロントはこれをどう評価するか。将来性のある若手の年俸をケチれば球団の印象も悪くなる。守備のマイナス査定は大きいが、2冠なら3000万円は出さないと、格好がつかないのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る