西武M8で2年連続Vなら…立役者たちの年俸更改は波乱必至

公開日: 更新日:

 交渉難航は1人や2人では済まないだろう。

 首位西武は2位ソフトバンクと1ゲーム差も、すでにマジック8が点灯。選手は連覇に燃えている。

 優勝が決まれば「立役者」は多数いる。森(24)の打率はオリックス吉田に8厘差の・339でリーグトップ。42本塁打の山川(27)も2年連続のキングが濃厚だ。その山川を5打点上回る中村(36=120打点)も、2冠(本塁打、打点)に輝いた15年以来のタイトルを取りそうだ。V2を果たし、打撃3冠も西武勢が独占なら年俸更改は激しい攻防戦が展開されそうだ。

 ある西武OBが言う。

「西武は毎試合に出場する野手に対しては、金払いがいい。あくまでも選手目線での話になるが、今季年俸8000万円の森が首位打者のタイトルを取れば2億円に乗るか、乗らないか。昨年の契約更改で1億円を超えた山川も、2冠達成なら2億円以上は欲しいでしょう。中村にしても4年最大20億円の契約が切れた17年オフに4億1000万円から2億8000万円にダウン。昨オフは海外FA権の行使残留で、更なるダウンを食い止めた。今季は史上4人目となる3度目のシーズン120打点も達成。今もチーム一の人気者で、関連グッズの売り上げもいい。それらを交渉材料に加え、再び4億円を狙うと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  4. 4

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  8. 8

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  9. 9

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る