西武M8で2年連続Vなら…立役者たちの年俸更改は波乱必至

公開日: 更新日:

 交渉難航は1人や2人では済まないだろう。

 首位西武は2位ソフトバンクと1ゲーム差も、すでにマジック8が点灯。選手は連覇に燃えている。

 優勝が決まれば「立役者」は多数いる。森(24)の打率はオリックス吉田に8厘差の・339でリーグトップ。42本塁打の山川(27)も2年連続のキングが濃厚だ。その山川を5打点上回る中村(36=120打点)も、2冠(本塁打、打点)に輝いた15年以来のタイトルを取りそうだ。V2を果たし、打撃3冠も西武勢が独占なら年俸更改は激しい攻防戦が展開されそうだ。

 ある西武OBが言う。

「西武は毎試合に出場する野手に対しては、金払いがいい。あくまでも選手目線での話になるが、今季年俸8000万円の森が首位打者のタイトルを取れば2億円に乗るか、乗らないか。昨年の契約更改で1億円を超えた山川も、2冠達成なら2億円以上は欲しいでしょう。中村にしても4年最大20億円の契約が切れた17年オフに4億1000万円から2億8000万円にダウン。昨オフは海外FA権の行使残留で、更なるダウンを食い止めた。今季は史上4人目となる3度目のシーズン120打点も達成。今もチーム一の人気者で、関連グッズの売り上げもいい。それらを交渉材料に加え、再び4億円を狙うと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る