G原監督 オーナー絶賛も“独裁”拍車で「短命政権」の可能性

公開日: 更新日:

 巨人の山口寿一オーナー(62)が18日、都内で行われたオーナー会議後、原監督の手腕を絶賛した。

 3度目の就任となった今季、巨人は5年ぶりのリーグ優勝へマジックを4としている。同オーナーは「大変よくやっている。3度目の監督でブランクがあったけど、好調な選手をうまく使ってチーム全体を活気づけてくれた。一丸となって戦うチームにしてくれた。非常にいい用兵、采配を見せてくれてきたと思います。来季? 契約は3年。それは契約通り。大方の巨人ファンは監督の手腕については非常に評価をしてくれているんじゃないかと思います」と称賛。既定路線とはいえ、改めて来季続投のお墨付きを与えた格好となった。

 球団史上ワーストタイとなる4年連続V逸中だったが、原監督の復帰により、屈辱のワースト更新は避けられそうだ。球団内では契約の3年を超える、さらなる長期政権の可能性もささやかれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  6. 6

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  7. 7

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  8. 8

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  9. 9

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

  10. 10

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る