松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

現役希望の中日マツザカへ マツザキは言いたいことがある

公開日: 更新日:

 中日松坂大輔がまだ現役を続けたいそうだ。春のキャンプでファンに腕を引っ張られて肩を痛めて以来、満足に投げられない。球団も来シーズンの契約は白紙と言い出した。

 それでもボクはもう一度投げ出したい。だから投げ出したくない(どっちだ?)。

 38歳といえばそろそろ野球選手の寿命かもしれん。キミが再び投げ出したとて速球はせいぜい130キロ、飛んでるハエも休憩できる。剛球投手が技巧派で針の穴を通すつっても針のむしろ。むしろ、そろそろ決断するのがよかろうと思うがどうだ?

 38といやぁオレの息子ぐらいの年だ。40、50はハナタレ小僧、60、70やっと現役、80すぎても2000万なきゃ暮らせねえ。年金だって出るかどうか財務大臣が「年寄りは早く死ね」と言いつつ、総理は「100歳現役」と言ってる、わけわかんない国だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る