遼&今平の注目組も観客まばら…男子ツアーは何が問題か

公開日: 更新日:

【パナソニックオープン】初日

石川遼(28)と今平周吾(26)の注目組ですら、最後までついて歩いた観客は20~30人ぐらいですからね。渋野日向子(20)人気に沸く女子ツアーを取材した後に、男子ツアー会場に来ると気が抜けた気分になります」

 この日、現地取材したベテランカメラマンの感想だ。

 先週の女子大会デサントレディースは初日から7982人ものギャラリーが会場に押し掛けた。一方、パナソニック初日は2090人と約4分の1だった。

「一目見たいという、ファンを引きつけるプロがいないということでしょう」と評論家の宮崎紘一氏がこう続ける。

「女子ツアーは渋野がメジャーに勝って、しかも黄金世代と呼ばれる若い女子プロたちが毎週のように試合を盛り上げている。すごいことが起きている、というワクワク感が伝わってくる。そんな明るい材料が男子には何もない。そもそもツアープロ中心の選手会が日本ゴルフツアー機構(JGTO)の役員を決めたり、罷免したりと組織そのものを牛耳っているのが問題。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  10. 10

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

もっと見る