遼&今平の注目組も観客まばら…男子ツアーは何が問題か

公開日: 更新日:

【パナソニックオープン】初日

「石川遼(28)と今平周吾(26)の注目組ですら、最後までついて歩いた観客は20~30人ぐらいですからね。渋野日向子(20)人気に沸く女子ツアーを取材した後に、男子ツアー会場に来ると気が抜けた気分になります」

 この日、現地取材したベテランカメラマンの感想だ。

 先週の女子大会デサントレディースは初日から7982人ものギャラリーが会場に押し掛けた。一方、パナソニック初日は2090人と約4分の1だった。

「一目見たいという、ファンを引きつけるプロがいないということでしょう」と評論家の宮崎紘一氏がこう続ける。

「女子ツアーは渋野がメジャーに勝って、しかも黄金世代と呼ばれる若い女子プロたちが毎週のように試合を盛り上げている。すごいことが起きている、というワクワク感が伝わってくる。そんな明るい材料が男子には何もない。そもそもツアープロ中心の選手会が日本ゴルフツアー機構(JGTO)の役員を決めたり、罷免したりと組織そのものを牛耳っているのが問題。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  7. 7

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  8. 8

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  9. 9

    露骨な隠蔽工作発覚「桜を見る会」名簿廃棄は国会追及直前

  10. 10

    難病の息子を生んだ母親に…ウーバー運転手の思いやりに涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る