“視聴率女王”渋野日向子の予選落ち危機に中継局ビクビク

公開日: 更新日:

 日本テレビの悲鳴が聞こえてくる。

 27日に初日を迎えたゴルフのミヤギテレビ杯ダンロップ女子で、渋野日向子(20)が2オーバーの49位と出遅れた。最終18番でこの日唯一のバーディーを奪い、「よかった、よかった、よかったです」とようやく笑顔を見せたが、予選カットラインは2日目50位タイまで。予選落ちのピンチに、本人以上に気が気でないのは、29日の最終日を中継する日本テレビだろう。

 8月の全英制覇以来、渋野の出場試合は軒並み高視聴率をマーク。

 凱旋2戦目となったNEC軽井沢72女子ゴルフ最終日では、今季の女子ツアー最高となる12・3%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)を記録し、中継したフジテレビが沸いた。3戦目のニトリレディス最終日も10・3%と2ケタを突破し、優勝した前週のデサントレディース東海クラシックは8・6%。「平均で5%前後の女子ゴルフ中継ではいずれも異例の数字」(テレビ局関係者)だという。

 各局が“視聴率女王”と呼ぶ渋野の成績が数字に直結するだけに、画面にも映せない予選落ちだけは勘弁――が本音だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  10. 10

    ジャニーズ大みそかネット重視の戦略と商魂 紅白眼中なし

もっと見る