羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

渋野日向子8打差逆転Vの衝撃 ライバルには今後も威圧感に

公開日: 更新日:

 渋野日向子が先週の「デサントレディース東海クラシック」ですごいゴルフを見せて今季日本ツアー3勝目を挙げ、ルーキーイヤーに早くも獲得賞金1億円を突破しました。昨年の獲得賞金は0円ですから大化けです。

 最終日は8バーディー、ノーボギーの64で回り、8打差をひっくり返しての大逆転でした。8月のメジャー「全英女子オープン」に勝ってから5戦目。いつ、どのように勝つのか、が問われて重圧がかかっていただけに、早く勝てたのもよかった。

■立て直したプレースタイル

 渋野見たさに多くのギャラリーが会場に詰めかけて、ずっと注目されていました。ところがなかなか結果を出せずに、アプローチから修正して、プレースタイルを立て直してきました。

 それがバーディー量産の勢いにつながり、勝つための取り組み方がわかっただけに、大きな自信になります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る