強力な選手獲得ルート消滅…竜が森SD切りで払う大きな代償

公開日: 更新日:

 さすがに、チーム周辺では「大丈夫なの? これはヤバイ」と不安視する声が圧倒的に多い。中日が1日、森繁和シニアディレクター(SD)の今季限りでの退任を決定。矢野球団社長が本人と会談、「契約を打ち切るということ」と明かすや、「森さんが2004年にコーチとして中日に来てから、編成面は森さんの人脈にオンブにダッコ」「特に森さんがつくり上げた外国人獲得のパイプはこれでゼロになっちゃう。どうするつもりなんだ」との声がチーム関係者からも上がっているのだ。

 実際、国内外に張り巡らせた森SDの情報網はトレード、FA補強、助っ人獲得に大きな威力を発揮。ドミニカ共和国の球界では「ミスター・モリ」の名は隅々にまで浸透し、キューバ球界との窓口にもなっていた。最近は、腹心のデニー友利氏を国際渉外担当として米国に派遣し、米球界にも強固な選手獲得ルートを構築。そうやって獲得した、しかも格安の選手たちが中日の戦力になったのは周知の事実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  2. 2

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  5. 5

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  6. 6

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  7. 7

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  8. 8

    阪神1位指名の近畿大・佐藤輝明は前代未聞の大型内野手

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

もっと見る