強力な選手獲得ルート消滅…竜が森SD切りで払う大きな代償

公開日: 更新日:

 さすがに、チーム周辺では「大丈夫なの? これはヤバイ」と不安視する声が圧倒的に多い。中日が1日、森繁和シニアディレクター(SD)の今季限りでの退任を決定。矢野球団社長が本人と会談、「契約を打ち切るということ」と明かすや、「森さんが2004年にコーチとして中日に来てから、編成面は森さんの人脈にオンブにダッコ」「特に森さんがつくり上げた外国人獲得のパイプはこれでゼロになっちゃう。どうするつもりなんだ」との声がチーム関係者からも上がっているのだ。

 実際、国内外に張り巡らせた森SDの情報網はトレード、FA補強、助っ人獲得に大きな威力を発揮。ドミニカ共和国の球界では「ミスター・モリ」の名は隅々にまで浸透し、キューバ球界との窓口にもなっていた。最近は、腹心のデニー友利氏を国際渉外担当として米国に派遣し、米球界にも強固な選手獲得ルートを構築。そうやって獲得した、しかも格安の選手たちが中日の戦力になったのは周知の事実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る