田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

W杯予選 対モンゴル戦はラグビー以上の感動を与えてほしい

公開日: 更新日:

 ラグビーW杯で優勝候補アイルランド相手の歴史的勝利には驚かされたが、それよりもボールゲームに何の興味も示さなかった妻・正子の熱狂ぶりにはビックリ仰天だ。

 アイルランド戦の後など「力を入れ過ぎて節々が痛い」「噛み締め過ぎて奥歯がうずく」と話していたほど。長らく「日本代表GKの妻」をやっていたが、テレビで日本代表の試合を見ていても表情を崩すこともない。

 そういえば、現役時代のユニホームにも全く愛着がなかった。いつの間にか処分されていることが多く、アジア大会の開会式に着用した日本選手団の真っ赤なブレザーを「あの派手な服は何? どうせ着ないでしょ。とっくに捨てといたわよ」と言われた時には形容しがたい脱力感に見舞われたものである。

 かく言う私も、テレビ桟敷で熱烈応援しているわけだが、サッカーのGK目線で見ていても、ラグビー日本代表には感心させられることが多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  8. 8

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  9. 9

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る