いとうやまね
著者のコラム一覧
いとうやまねコラムニスト

サッカー、フィギュアスケート、ラグビーなどのコラムニスト。取材・構成・ライティングを担当した土肥美智子著「サッカー日本代表帯同ドクター 女性スポーツドクターのパイオニアとしての軌跡」が好評発売中。

代表出場回数はなぜ「キャップ」?発祥の地で生まれた背景

公開日: 更新日:

 ラグビーやサッカーで耳にする「キャップ数」とは、代表戦への出場回数を指す。今大会の開会式にトロフィーを掲げて登場した元ニュージーランド代表のリッチー・マコウ氏の148キャップは超人的な記録だ。なぜキャップなのか? それは代表に選出されるとキャップ(つば付き帽子)をもらえるからである。

 英国において、19世紀には上流階級の子女がスポーツに使うキャップがすでに存在した。ラグビー発祥の地「ラグビースクール」での話だが、1839年に国王ウィリアム4世の未亡人であるアデレード妃の御前試合が行われた。当時、白ズボンに白ジャージー姿だった生徒たちは、2チームが識別できるように各寮のカラーで作られたベルベット帽をかぶることになった。その時の絵が残っているが、これがラグビー初のキャップではないかといわれている。

 近代スポーツでキャップが使われた記録は、1872年のサッカーのスコットランド―イングランド戦。1886年からは、イングランド代表として出場した全員に記念キャップが贈られるようになる。その習慣が他のスポーツや国外にも広がったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る