いとうやまね
著者のコラム一覧
いとうやまねコラムニスト

サッカー、フィギュアスケート、ラグビーなどのコラムニスト。取材・構成・ライティングを担当した土肥美智子著「サッカー日本代表帯同ドクター 女性スポーツドクターのパイオニアとしての軌跡」が好評発売中。

代表出場回数はなぜ「キャップ」?発祥の地で生まれた背景

公開日: 更新日:

 ラグビーサッカーで耳にする「キャップ数」とは、代表戦への出場回数を指す。今大会の開会式にトロフィーを掲げて登場した元ニュージーランド代表のリッチー・マコウ氏の148キャップは超人的な記録だ。なぜキャップなのか? それは代表に選出されるとキャップ(つば付き帽子)をもらえるからである。

 英国において、19世紀には上流階級の子女がスポーツに使うキャップがすでに存在した。ラグビー発祥の地「ラグビースクール」での話だが、1839年に国王ウィリアム4世の未亡人であるアデレード妃の御前試合が行われた。当時、白ズボンに白ジャージー姿だった生徒たちは、2チームが識別できるように各寮のカラーで作られたベルベット帽をかぶることになった。その時の絵が残っているが、これがラグビー初のキャップではないかといわれている。

 近代スポーツでキャップが使われた記録は、1872年のサッカーのスコットランド―イングランド戦。1886年からは、イングランド代表として出場した全員に記念キャップが贈られるようになる。その習慣が他のスポーツや国外にも広がったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  4. 4

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  7. 7

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    有村架純“ジャニタレ共演NG”解禁 キンプリ高橋との行方は

  10. 10

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

もっと見る