田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

これも指揮官の適性 森保監督の運の強さに感じ入っている

公開日: 更新日:

 サッカー日本代表が5日、キリンチャレンジ杯でパラグアイと対戦。10日には2022年カタールW杯アジア2次予選の初戦となるミャンマー戦が控えている。

 森保ジャパンがアジア2次予選で勝ち点を失うことはないだろうが……ミャンマーがビルマと呼ばれていたころの話だ。

 1970年代前半にユース代表の一員として東南アジアに遠征した。ミャンマーの選手は俊敏でスピードがあり、運動量も豊富だった。何よりも闘争心の塊だった。

 ミャンマーと韓国との一戦でのひとコマだ。

 コーナーエリア付近で両軍選手の小競り合いが始まり、ミャンマー選手のひとりがコーナーフラッグを引き抜き、韓国選手を殴打し始めた。今どきの強化プラスチック製ではなく、当時は木製だったので十分に“凶器”になり得る。コーナーフラッグをブンブン振り回しているミャンマー選手を見ながら当時、17歳だった田口少年は「勝利への凄まじい執念」に度肝を抜かれたものである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る