田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

これも指揮官の適性 森保監督の運の強さに感じ入っている

公開日: 更新日:

 サッカー日本代表が5日、キリンチャレンジ杯でパラグアイと対戦。10日には2022年カタールW杯アジア2次予選の初戦となるミャンマー戦が控えている。

 森保ジャパンがアジア2次予選で勝ち点を失うことはないだろうが……ミャンマーがビルマと呼ばれていたころの話だ。

 1970年代前半にユース代表の一員として東南アジアに遠征した。ミャンマーの選手は俊敏でスピードがあり、運動量も豊富だった。何よりも闘争心の塊だった。

 ミャンマーと韓国との一戦でのひとコマだ。

 コーナーエリア付近で両軍選手の小競り合いが始まり、ミャンマー選手のひとりがコーナーフラッグを引き抜き、韓国選手を殴打し始めた。今どきの強化プラスチック製ではなく、当時は木製だったので十分に“凶器”になり得る。コーナーフラッグをブンブン振り回しているミャンマー選手を見ながら当時、17歳だった田口少年は「勝利への凄まじい執念」に度肝を抜かれたものである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  2. 2

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  3. 3

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  6. 6

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  7. 7

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  8. 8

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る