広島「佐々岡監督」への疑問…防御率は改善も投壊負け多く

公開日: 更新日:

 消去法だったのか。

 4日、広島佐々岡真司投手コーチ(52)に新監督の就任を要請。鈴木球団本部長は「選手を見る能力がある。人柄は言うことはない」と話した。佐々岡コーチも「前向きに考えたい」と受諾する意向だが、この人選には疑問も尽きない。

 今季、広島のチーム防御率は4・12から3・68に改善。失点も651から601と大幅に減った。数字上は進歩したかに見えるがしかし、投手陣の不調で落とす試合も少なくなかった。

 昨季、抑えとして32セーブを挙げた中崎が絶不調に陥った。36試合で防御率は4・08と打ち込まれて2度の二軍落ち。代役のフランスアが67試合に登板するも、昨年ブルペンを支えた一岡や今村は本来の活躍ができなかった。

 また、昨季53試合登板のアドゥワを先発に転向させたが、炎上が続くとリリーフに配置転換。再び先発に戻った8月の登板を最後に、二軍調整となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  4. 4

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  7. 7

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    有村架純“ジャニタレ共演NG”解禁 キンプリ高橋との行方は

  10. 10

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

もっと見る