パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

公開日: 更新日:

■秋山の後釜

 西武は一見、鈴木は不要に見えるものの、実情は異なる。

「オフに海外FA権行使の可能性が高い秋山の去就が絡んでくる。秋山の後釜の中堅手は金子侑でしょう。となれば、今度は金子が抜けた左翼は誰か、という問題になる。そこに鈴木を入れてもいいが、二塁の外崎を外野に戻す手もある。外崎は浅村移籍の穴埋めで、今季から二塁に転向。もともと内野手で守備も無難だが、球団内では『あの鉄砲肩は外野で生かしたい』という声もある。外崎外野再転向なら、鈴木が必要というわけです」(球団OB)

 西武の二塁手候補には社会人出身で昨年ドラフト3位の山野辺がいるが、それも成長次第。西武は三塁手の中村も来年37歳と高齢だ。いずれにせよ、鈴木獲得なら内野の問題は解決する。

 肝心の資金も、年俸5億円のメヒアが退団濃厚なので捻出は可能。ソフトバンクとはFA戦線でも火花を散らすことになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る