メジャーでも争奪戦か?西武・秋山翔吾“掛け値なし”の評価

公開日: 更新日:

 先日、知人から電話があった。詳しくは書けないが、ア・リーグ西海岸の球団のスカウトだ。

 聞けば、海外FAを行使して今オフ、メジャー挑戦の可能性がある秋山翔吾(31=西武)の代理人を教えて欲しいという。ある大手代理人事務所が有力と聞いていたのでその旨を教えると、「ありがとう!」と、ひと言あって、電話は切れた。

 秋山は日本のプロ野球界で、走攻守と三拍子そろった中堅手として評価されている。打球の判断がいいから守備範囲は広いし、コンスタントに安打を重ねるだけの技術もある。年齢、長打力、肩の強さで割引が必要とはいえ、メジャーでも需要はある。わたしの球団は外野が埋まっているだけに秋山に触手を伸ばすつもりはないが……。

 今季年俸は2億3490万円。メジャーでも外野が手薄な球団はそれなりにあるから、どうしても中堅手が欲しいというチームは、最大で「2年10億円」程度は出すかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る