久保建英 A代表最年少ゴールは森保監督のサブ采配次第

公開日: 更新日:

 サッカー日本代表が10日、埼玉スタジアムで行われるカタールW杯アジア2次予選でモンゴル代表と対戦(午後7時35分キックオフ)するが、FIFAランク31位の日本に対して183位の相手に勝ち点0に終わる可能性は極めて低く、どんな戦いぶりを見せながら何点取って圧勝するか? が試合の焦点となる。元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が言う。

「森保監督は、モンゴル戦に向け『まずは目の前の一戦で勝ち点3を目指したい』と話している。FIFAランクで大差のついたモンゴルでも、現時点のベストメンバーを先発させるでしょう。しかし、格下相手に勝利だけを目標にするのではなく、今後の戦いを見据えてサブの選手を積極的に起用してチーム全体の底上げを図りたい。たとえばトップ下にMF南野が入り、サイドアタッカーは左にMF中島が、右にはMF堂安が入るであろう2列目は、スペインで存在感を増しているMF久保をトップ下に、クラブで好調を維持している原口を左に、伊東を右に配するなど指揮官にはぜひトライしてほしい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  10. 10

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

もっと見る