権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

故金田正一さん 400勝支えた負けず嫌いと特製野菜ジュース

公開日: 更新日:

 金田正一さん(享年86)が亡くなった。

 実際にはあり得ないのだが、“カネさんだけは不死身”と本気で思わせる存在感を放つ傑物だっただけに、訃報を聞いても信じられなかった。

 駆け出しの頃から目をかけていただいた。中日に入団した1961年、5歳上のカネさんはすでに国鉄の大エース。私が35勝を挙げて投手のタイトルを総ナメにしたこの年、あちらはのちに14年連続20勝以上という不滅の記録となる11回目の20勝を達成していた。

 そんな大投手を見て、“今の金田さんだったらスピードはオレの方が上だな”などと腹の中では思っていた生意気な新人の私を、“この小僧には見どころがある”と思ってくれたのか、「おい、ゴン!」と声をかけてくれるようになった。

 それからは、名古屋での国鉄戦があると、試合前に「おい、ゴン! 明日、行くぞ!」とお呼びがかかり、数え切れないくらいゴルフのお供をした。シーズン中でもお構いなし。前日に中日球場で投げ合ったカネさんと翌日にはゴルフ場で勝負をする。それも、「きょうは1ラウンドだけだぞ」と言いながら、決まって2ラウンド、2ラウンドハーフになった。カネさんが負けていると、もう一丁!もう一丁! となるからで、生粋の負けず嫌いだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る