6点大勝も喜べず…森保Jがモンゴル戦で得た“2人の収穫”は

公開日: 更新日:

 森保ジャパンが10日のカタールW杯アジア2次予選(埼スタ)で戦ったモンゴルのFIFA世界ランキングは、日本の31位に対して183位である。最下位はサンマリノの210。モンゴルよりも弱い国が<まだ26もある>ことも大きな驚きだが、いずれにしてもモンゴルは攻守ともにレベルが際立って低く、試合の焦点は「日本が2ケタの10点以上をズバッと決めるかどうか?」(メキシコ五輪得点王の釜本邦茂氏)に絞られた。

 日本は前半シュート14本で4点を挙げた。後半になると疲労からモンゴル選手の足が止まり、日本はシュートを18本に増やしたが、2ゴールにとどまって、スコアは6―0。シュート0本のモンゴルに「W杯常連国としての強さを発信することはできなかった」(釜本氏)。

 しかし、収穫がなかったわけではない。まずはケガで戦線離脱中のレギュラーFW大迫に代わって1トップで先発したFW永井謙佑(30)の奮闘だ。元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る