なでしこカナダに4発快勝 1G1Aの岩渕を脅かすFWはいるか?

公開日: 更新日:

 なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)が6日、カナダと国際親善試合を静岡・日本平で行い、2011年ドイツW杯優勝メンバーであるFW岩渕真奈(26)が先制ゴールを決めるなど、なでしこが常に試合を優位に進め、4ー0で快勝した。

 ドイツW杯ではチーム最年少18歳としてイジられ役でもあったFW岩渕だが、切れ味鋭いドリブル、高い決定力に磨きがかかり、今では絶対的エースとしての風格を醸し出している。「しかしながら……」と元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう続ける。

「いくら大黒柱と言っても、岩渕一人に頼り切るのは不安です。なでしこの現状は、岩渕がボールを持って仕掛けていくことで攻撃が活性化します。しかし、たとえば屈強DFのマークで持ち味を消されてしまった場合、チーム全体の攻撃力が一気に低下する危険性をはらんでいます。東京五輪メダル獲得を目標とするならば、常に“岩渕不在”の状況を想定しつつ、後継者育成が急務となります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  10. 10

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

もっと見る