クジで痛い目にあいたくない球団が入札で狙う社会人投手の名前

公開日: 更新日:

 各球団ともドラフト当日まで、綿密な戦略を練る必要がありそうだ。

 佐々木、奥川、森下の3人に指名が集中するのは必至だし、外れ1位候補も限られる。揚げ句の果てに、クジを2回も3回も外したら目も当てられない。それなら、最初から計算の立つ社会人投手をいきなり入札するのが得策――。そんなふうにソロバンをはじく球団が必ず出てくると、まことしやかにささやかれている。

 ほとんどの球団が「ドラフト1位クラス」とみているのは、JFE西日本の左腕・河野竜生(21=鳴門)と東海理化の右腕・立野和明(21=中部大一)の2人。

 河野は鳴門時代、3年連続で夏の甲子園を経験し、3年時はチームを8強に導いた。社会人に進んで球速もアップ、今年に入ってからは150キロの大台を突破した社会人ナンバーワン左腕だ。

 立野は中部大一時代こそ無名も、東海理化で素質が開花した。トレーニングの成果もあり、球速は152キロに。今年は社会人の日本代表候補に名を連ね、トヨタの補強選手として都市対抗の決勝でも投げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  2. 2

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  5. 5

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  6. 6

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  7. 7

    露骨な隠蔽工作発覚「桜を見る会」名簿廃棄は国会追及直前

  8. 8

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  9. 9

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  10. 10

    野党時代から構想 英語試験民営化は自民政権復帰で急加速

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る