クジで痛い目にあいたくない球団が入札で狙う社会人投手の名前

公開日: 更新日:

 各球団ともドラフト当日まで、綿密な戦略を練る必要がありそうだ。

 佐々木、奥川、森下の3人に指名が集中するのは必至だし、外れ1位候補も限られる。揚げ句の果てに、クジを2回も3回も外したら目も当てられない。それなら、最初から計算の立つ社会人投手をいきなり入札するのが得策――。そんなふうにソロバンをはじく球団が必ず出てくると、まことしやかにささやかれている。

 ほとんどの球団が「ドラフト1位クラス」とみているのは、JFE西日本の左腕・河野竜生(21=鳴門)と東海理化の右腕・立野和明(21=中部大一)の2人。

 河野は鳴門時代、3年連続で夏の甲子園を経験し、3年時はチームを8強に導いた。社会人に進んで球速もアップ、今年に入ってからは150キロの大台を突破した社会人ナンバーワン左腕だ。

 立野は中部大一時代こそ無名も、東海理化で素質が開花した。トレーニングの成果もあり、球速は152キロに。今年は社会人の日本代表候補に名を連ね、トヨタの補強選手として都市対抗の決勝でも投げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  4. 4

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  5. 5

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  9. 9

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

  10. 10

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

もっと見る