メルセデス好投も打線沈黙…巨人2連敗で本拠地も苦戦必至

公開日: 更新日:

 巨人が早くも崖っぷちに追い込まれた。

 20日、福岡ヤフオクドームで行われた日本シリーズ第2戦で、巨人は先発左腕・メルセデスが五回2死まで1人の走者も出さない完全投球。6回を1安打無失点の好投を見せたが、第1戦で2得点に封じられた打線がこの日も沈黙した。

 ソフトバンク先発のサブマリン・高橋礼に七回2死まで無安打に抑えられ、好投メルセデスを援護できず。この日は八回までわずか1安打に抑えられた。守っては0―0の七回に2番手・大竹が松田宣に3ランを浴びて先制されると、八回には3番手・桜井、4番手・高木が相次いで被弾。打線は3四球をもらった九回に3点を返したものの、時すでに遅しだった。

「1、2、3番はうちの円熟期の選手たち。1日おいて彼らが暴れるでしょう」とは原監督。この2試合で1番・亀井は6打数無安打、2番・坂本勇は7打数1安打、3番・丸も6打数無安打に封じられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る