メルセデス好投も打線沈黙…巨人2連敗で本拠地も苦戦必至

公開日: 更新日:

 巨人が早くも崖っぷちに追い込まれた。

 20日、福岡ヤフオクドームで行われた日本シリーズ第2戦で、巨人は先発左腕・メルセデスが五回2死まで1人の走者も出さない完全投球。6回を1安打無失点の好投を見せたが、第1戦で2得点に封じられた打線がこの日も沈黙した。

 ソフトバンク先発のサブマリン・高橋礼に七回2死まで無安打に抑えられ、好投メルセデスを援護できず。この日は八回までわずか1安打に抑えられた。守っては0―0の七回に2番手・大竹が松田宣に3ランを浴びて先制されると、八回には3番手・桜井、4番手・高木が相次いで被弾。打線は3四球をもらった九回に3点を返したものの、時すでに遅しだった。

「1、2、3番はうちの円熟期の選手たち。1日おいて彼らが暴れるでしょう」とは原監督。この2試合で1番・亀井は6打数無安打、2番・坂本勇は7打数1安打、3番・丸も6打数無安打に封じられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    「入院制限」は誰の発案なのか “独断会議”の出席者は5人、与党内からも突き上げの嵐

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    自治体の長なら子供をまず守れ この国には一定数の野蛮な親父がいる

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    <21>800万円のロングコートを着てムービーカメラの前で悪代官のように振る舞う

  8. 8

    英国は「集団免疫」を獲得した? 成人7割ワクチン接種完了、専門家の見解は

  9. 9

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  10. 10

    「私たちの夢」NY市警刑事の殉職から7年…人工授精で生まれた娘が4歳に

もっと見る