日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

公開日: 更新日:

 巨人打線を手玉にとった。

 20日、日本シリーズ第2戦の先発を任されたのが、ソフトバンクの大卒2年目右腕の高橋礼(23)だ。初回を三者凡退で好発進すると、五回まで走者をひとりも出さないパーフェクトピッチング。六回に死球、七回に初安打されるも、7回1安打無失点で日本シリーズ初勝利を飾った。

 工藤監督は「集中力と制球はシーズン中より良かった」と言えば、本人も「集中力を切らさなかった」と笑顔を見せた。

 今季は先発ローテの一角として12勝6敗、防御率3・34の成績を残し、日本シリーズ進出に貢献した。さらに新人王も確実視されている。ルーキーイヤーの昨季は30イニングしか投げず、新人王の資格を有している(支配下登録から5年以内で投手は前年まで計30イニング以内)。

 そこで気になるのが、オフの契約更改だ。今季の1400万円から、どこまでアップするか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  2. 2

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

  8. 8

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  9. 9

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

  10. 10

    流行語大賞に!忘年会で使える「ラグビー用語の基礎知識」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る