田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

ルヴァン杯MVP獲得 川崎“控えGK”新井章太に教えられたこと

公開日: 更新日:

 小島監督の「真面目で頑張り屋です。いつかは報われる。日の目を見てほしい。そう念じていました」という声を聞きながら「オレも新井の不遇時代の心情が痛いほど分かる。よく頑張った」と返した。

 実は小島監督は、本郷高―国士舘大サッカー部でGKを務めていた。

 私は01年に埼玉・国際学院サッカー部の監督に就任。本郷高時代から面識のあった小島監督とは〈同じ埼玉県内のライバル校の監督〉という立場になったが、GK同士ということもあってピッチ内外で仲良くさせてもらっている。それだけに苦労に苦労を重ねてきた新井が、ルヴァン杯決勝でブレークしたことがうれしく、小島監督と喜びを分かち合った。

 GKのポジションはひとつ。レギュラーGKになるためには第1GKがケガをしたり、試合中にミスを連発したり、アクシデントに見舞われないと控えから抜け出せないことも多い。私を含めて「第1GKの不幸は第2GKにとって幸福の2文字」と思ったことのないGKは〈口には出さないだけ〉で、いないだろう。

 月並みな言い方ではあるが――。苦しい立場が続いても恨んだりしないで日々、研鑽努力を重ねることの大切さをGK新井は教えてくれた。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  9. 9

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  10. 10

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る