平石氏引き抜きの他にも…ソフトBが仕掛ける楽天への暗闘

公開日: 更新日:

 3年連続日本一を達成したソフトバンク楽天に攻勢を仕掛けている。楽天を退団した平石洋介前監督(39)に加え、森山良二前一軍投手コーチ(56)の招聘に動いているからだ。

 平石前監督は楽天からフロント入りを打診されていたが、これを断り退団。選手時代を含め、15年間在籍するなど、楽天のすべてを把握しているといっていい人材で、森山氏もまた、楽天で2010年から10年間、一、二軍のコーチを歴任した。ともに九州出身とはいえ、楽天を知り尽くす人材を狙ったかのような動きだ。

「ソフトと楽天は近年、火花を散らし合っている」とは、放送関係者。

「ソフトは昨オフ、西武からFA宣言した浅村を楽天に奪われ、今年のドラフトでも石川(東邦)の指名を巡って水面下で綱引きをしていた。海外FA権の行使が確実な西武の秋山に関しても、メジャーとの交渉が不調に終わった場合、両球団を交えた争奪戦に発展する可能性がある。楽天はソフトからFA宣言した福田に関心を示している」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る