原監督「セ軍もDH制」提言のお笑い OBは「短絡的」と指摘

公開日: 更新日:

 巨人原辰徳監督(61)の提言が波紋を広げている。

 今季は5年ぶりにリーグ優勝を果たした巨人だったが、日本シリーズではパ・リーグ2位のソフトバンクに屈辱の4連敗。日本一は7年連続でパの球団となった。

 すると、原監督は敗退翌日、「セ・リーグはDH(指名打者)制がない。DH制は使うべき。相当差をつけられている感じがある」とブチ上げたのだ。日本シリーズの敗因を「力の差」と認めつつ、パ高セ低の原因を制度の違いに求めた。惨敗直後だけに負け惜しみにも聞こえるが、DH制は攻撃力を高めるだけでなく、それを抑える投手のレベルも上げるとの意見があり、原監督はかねて「セもDH制を」が持論だった。

 これに、巨人の元監督・堀内恒夫氏が自身のブログで「結論から言ってしまうと俺は反対。野球の原点を残したい。俺にとってその『不変』の1つが『投手は9人目の野手』という野球の原点。DH制だから強いって言ってしまうのもちょっと違うんじゃないかなあ」と持論を展開。

 球界関係者の間で賛否両論が巻き起こるなか、10月30日には巨人の山岸連盟担当らが中日広島阪神の球団事務所を訪れ、リーグ全体の強化を呼びかけた。原監督の提言が広がりを見せる可能性が出てきたのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

  2. 2
    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

  3. 3
    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

  4. 4
    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

  5. 5
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  1. 6
    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

  2. 7
    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産み落とされた

    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産み落とされた

  3. 8
    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

  4. 9
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  5. 10
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗