プレミア12で韓国は侍Jをどう見たか 戦力分析担当に直撃

公開日: 更新日:

 雪辱を果たした。

 17日、侍ジャパンはプレミア12の韓国との決勝戦に勝利。目標だった“世界一”を達成した。

 大会2連覇を逃したものの、韓国は主砲パク・ビョンホら強力打線がチームを牽引。ネット裏で視察していたメジャースカウトがこう言う。

「野手に限れば日本人よりも韓国人の方が評価が高い。近年はイチローのような巧打者タイプよりも、162試合を戦うタフな環境に耐えられる身体的な丈夫さ、スイングのスピード、パワーを重視しています。今大会、日本には鈴木(広島)のような優れた選手もいましたが、全体的に見ると韓国の方がメジャー好みの打者が多いですね」

 韓国プロ野球はもともと、力勝負を重視するメジャーに近いスタイル。今季は、「飛ばないボール」が導入され、リーグ全体の本塁打数は減ったものの、確かに今回の打線も迫力があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  5. 5

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  6. 6

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  7. 7

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  8. 8

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  9. 9

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る