侍J快勝も…五輪で最も警戒すべきは“国策野球”のメキシコ

公開日: 更新日:

「今永が強力打線を1安打に抑え、中継ぎも含め素晴らしい投球だった。打線も先制ができ、ジャパンの流れになり、日本らしい勝ち方ができた」

 13日、メキシコ戦に勝利した侍ジャパンの稲葉監督は、こう言って安堵の表情を浮かべた。

 日本にとって正念場の試合だった。前日の米国戦に敗れ、この日迎えたメキシコは1次ラウンドから6連勝と快進撃を続けていた。試合前、代表関係者はこう言っていた。

「メキシコは世界ランク6位。前回大会ではプロとアマの間で内紛が起き、出場辞退する寸前までいったチームだったが、今はプロアマが一体になり、日本と同様に世代別のナショナルチームを創設するなど、国として野球に力を入れている。東京五輪のアメリカ大陸枠を獲得するため、この大会でのモチベーションは高い。かなり手ごわいチームだ」

 実際にメキシコは、プレミア12の米大陸予選を主催するだけでなく、来年はU23W杯、U15W杯を招致、開催することが決まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る