侍J快勝も…五輪で最も警戒すべきは“国策野球”のメキシコ

公開日: 更新日:

「今永が強力打線を1安打に抑え、中継ぎも含め素晴らしい投球だった。打線も先制ができ、ジャパンの流れになり、日本らしい勝ち方ができた」

 13日、メキシコ戦に勝利した侍ジャパンの稲葉監督は、こう言って安堵の表情を浮かべた。

 日本にとって正念場の試合だった。前日の米国戦に敗れ、この日迎えたメキシコは1次ラウンドから6連勝と快進撃を続けていた。試合前、代表関係者はこう言っていた。

「メキシコは世界ランク6位。前回大会ではプロとアマの間で内紛が起き、出場辞退する寸前までいったチームだったが、今はプロアマが一体になり、日本と同様に世代別のナショナルチームを創設するなど、国として野球に力を入れている。東京五輪のアメリカ大陸枠を獲得するため、この大会でのモチベーションは高い。かなり手ごわいチームだ」

 実際にメキシコは、プレミア12の米大陸予選を主催するだけでなく、来年はU23W杯、U15W杯を招致、開催することが決まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  6. 6

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  7. 7

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  8. 8

    東証株価590円急騰でまだ間に合うか 年末の狙い目23銘柄

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    窮屈で笑えない社会から逃げずウーマン村本はネタにする

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る