日本女子プロ協会小林会長 放映権問題で大モメで“恨み節”

公開日: 更新日:

 日本女子プロゴルフ協会(LPGA)が強硬に主張してきた放映権帰属を巡り、日本テレビ系の3大会の来季中止が発表された。トッププロ70人が連名で大会存続を訴えるなど、その後もドタバタが続いているが、LPGAの小林浩美会長はこの件でかなり落ち込んでいたという。

 LPGAは昨年8月にトーナメント主催者会議で放映権を同協会に帰属させる考えを発表してから、会員やツアープロにも知らせずに水面下で事を進めてきた。しかも、メディアに放映権問題が報じられてからも、LPGA理事が有村智恵に「(放映権問題についての報道は)全部ウソだ」と言っていたことで小林会長への信頼関係は崩れた。

「小林会長のやり方に問題はあったにせよ、LPGAに放映権の帰属を認めさせることで収入を増やし、選手の年金制度や託児所などをつくり、選手自身が豊かになるという考えなのです。だから、何も言わなくても女子プロはみんな応援してくれると思っていたようです。それが一部のマスコミと一緒になって文句ばかり言ってる。『どうしてわかってくれないのよ』と、周囲に漏らしているそうです」(関係者)

 身から出たサビか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る