ビーチW杯準決勝はポルトガルと 「大人のサッカーで臨む」

公開日: 更新日:

 パラグアイの首都アスシンオンで開催されているビーチサッカーはベスト4が出そろい、現地30日の準決勝2試合の結果によって12月3日の3位決定戦(午後6時15分キックオフ)と決勝戦(午後6時キックオフ)の対戦カードが決まる。

 2005年ブラジル大会以来、9大会ぶり2度目のベスト入りを果たしたビーチサッカー日本代表は、準決勝で強豪ポルトガルと対戦する(午後6時キックオフ。もう1試合のロシアーイタリア戦は午後4時15分キックオフ)。

 そのポルトガルは2005年の第1回ワールドカップから準優勝1回に3位3回とメダル常連国である。今大会も有力な優勝候補に挙げられておる。2005年、そして今大会と<ベスト4入りした日本代表>を率いたラモス瑠偉監督が言う。

「今大会はブラジル、ロシア、ポルトガル、イタリア、タヒチ、そして日本がベスト6を形成していると思っていた。ブラジル、タヒチが準々決勝で姿を消したのは意外だった。残念という思いもある。ワタシは決勝でブラジルと対戦して優勝することを目標にしていましたから。あとタヒチという国は<ビーチサッカーの何たるか?>を理解している国。いつの代表チームも好感を持って見ていた。両国のベスト8止まりは非常に残念でした。日本が対戦するポルトガルは、もちろん技術もスピードもあって素晴らしいチームです。強豪と対戦するに当たり、相手の戦力を分析する前にまずは<自分たちが集中力を切らさずにミスをなくす>ことを第一に考えたい。試合展開としては先手を取って常にリードしながら、ボールを回して相手選手を走らせて消耗させるなど<大人のサッカー>で臨みたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  6. 6

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  7. 7

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  8. 8

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  9. 9

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る