日本がビーチW杯GL連勝 米国戦は「2」という数字がカギに

公開日: 更新日:

 南米パラグアイの首都アスンシオンで開催されているビーチサッカーのワールドカップ。ラモス瑠偉監督率いるビーチサッカー日本代表は現地時間11月23日、グループリーグ2戦目となるアメリカとの一戦に臨んだ。

 ちなみに……この試合のキーワードとなる数字は「2」だった。

 グループリーグA組に入った日本代表は、初戦で開催国パラグアイを5-4で倒したが、第3ピリオドの途中でラモス監督が審判団に異議を唱えて退場処分となり、この日のアメリカ戦は、メーンスタンドの一角で試合を見守ることになった。試合開始直前、ラモス監督はメーンスタンドの最前列に立ち、ピッチに入場してきた選手たちに熱い視線を送った。

 隣りにはワールドカップ直前のブラジル合宿中に左膝を痛め、メンバーから外れてしまったFP後藤崇介がいる。無念の気持ちを押し殺し、チームに帯同して選手をサポートしている。国歌が流れた後、ラモス監督が「行くぜ!」と選手に声を張り上げれば、後藤はガッツポーズで激励した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

  10. 10

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

もっと見る