日本がビーチW杯GL連勝 米国戦は「2」という数字がカギに

公開日: 更新日:

 南米パラグアイの首都アスンシオンで開催されているビーチサッカーのワールドカップ。ラモス瑠偉監督率いるビーチサッカー日本代表は現地時間11月23日、グループリーグ2戦目となるアメリカとの一戦に臨んだ。

 ちなみに……この試合のキーワードとなる数字は「2」だった。

 グループリーグA組に入った日本代表は、初戦で開催国パラグアイを5-4で倒したが、第3ピリオドの途中でラモス監督が審判団に異議を唱えて退場処分となり、この日のアメリカ戦は、メーンスタンドの一角で試合を見守ることになった。試合開始直前、ラモス監督はメーンスタンドの最前列に立ち、ピッチに入場してきた選手たちに熱い視線を送った。

 隣りにはワールドカップ直前のブラジル合宿中に左膝を痛め、メンバーから外れてしまったFP後藤崇介がいる。無念の気持ちを押し殺し、チームに帯同して選手をサポートしている。国歌が流れた後、ラモス監督が「行くぜ!」と選手に声を張り上げれば、後藤はガッツポーズで激励した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  4. 4

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  5. 5

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  6. 6

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  7. 7

    拙いコロナ対応 外国人選手の東京五輪ボイコットに現実味

  8. 8

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  9. 9

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  10. 10

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る