ビーチW杯初戦 日本“残り0.5秒”から劇的勝利も次戦に課題

公開日: 更新日:

「ワールドカップには魔物が住んでいる。どこの国が相手でも楽に戦えるわけがない。パラグアイ戦もそう。簡単に勝てると思ったら大間違い」 

 指揮官が、大会前から予言してきたコトがピタッと当たってしまった。

 ワールドカップ・パラグアイ大会の初戦(11月21日午後9時キックオフ)は、試合終了0.5秒前まで想定外のドロー決着の様相を呈していた。

 攻撃系の奥山正憲、茂怜羅オズ、赤熊卓弥らの活躍によってラモス瑠偉率いる日本代表は、序盤から試合を優位に進めていった。第3ピリオドの27分のことだった。

 自陣ゴールライン付近で相手選手のタックルで倒され、ムクッと起き上がった時、大黒柱オズの頭の中には「思いっ切りゴールを狙おう」という意欲が、沸々と沸き上がってきたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  2. 2

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  3. 3

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  6. 6

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  7. 7

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  8. 8

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  9. 9

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  10. 10

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

もっと見る