ビーチW杯初戦 日本“残り0.5秒”から劇的勝利も次戦に課題

公開日: 更新日:

「ワールドカップには魔物が住んでいる。どこの国が相手でも楽に戦えるわけがない。パラグアイ戦もそう。簡単に勝てると思ったら大間違い」 

 指揮官が、大会前から予言してきたコトがピタッと当たってしまった。

 ワールドカップ・パラグアイ大会の初戦(11月21日午後9時キックオフ)は、試合終了0.5秒前まで想定外のドロー決着の様相を呈していた。

 攻撃系の奥山正憲、茂怜羅オズ、赤熊卓弥らの活躍によってラモス瑠偉率いる日本代表は、序盤から試合を優位に進めていった。第3ピリオドの27分のことだった。

 自陣ゴールライン付近で相手選手のタックルで倒され、ムクッと起き上がった時、大黒柱オズの頭の中には「思いっ切りゴールを狙おう」という意欲が、沸々と沸き上がってきたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  5. 5

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  6. 6

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    弁護士・三輪記子さんは“浮気率6割” 独身時5人交際し3人と

  10. 10

    故宮で贋作販売? 騙された日本人旅行者が生々しく証言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る