宮崎紘一
著者のコラム一覧
宮崎紘一ゴルフジャーナリスト

2位選手に優勝賞金 粗末な日本男女ツアーの根底にあるもの

公開日: 更新日:

 国内男女ツアーは2019年もさまざまな問題点が浮上した。低迷を続ける男子ツアーには人気回復にどうしても越えなければならない壁がいくつかある。その問題点を検証してみた。

 男子ツアーは今月9日に都内ホテルで表彰式が行われ、最優秀選手賞にはツアー2勝で昨年に続き2年連続賞金王となった今平周吾(27=写真右)が選ばれた。だが晴れやかな表彰を受けながら今平の表情はいまひとつ冴えない。

 それも道理、彼が優勝したブリヂストンオープンは悪天候のため競技が半分の36ホールに短縮。ダンロップフェニックスは最終日が中止になって54ホールに短縮だった。今平は最後の詰めが甘いことで知られ、これまで多くの大会で、最終日に逆転されている。つまり、2つの優勝は短縮に助けられたもので、本人にすれば不完全燃焼。冴えない顔も当然である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る