2位選手に優勝賞金 粗末な日本男女ツアーの根底にあるもの

公開日: 更新日:

 国内男女ツアーは2019年もさまざまな問題点が浮上した。低迷を続ける男子ツアーには人気回復にどうしても越えなければならない壁がいくつかある。その問題点を検証してみた。

 男子ツアーは今月9日に都内ホテルで表彰式が行われ、最優秀選手賞にはツアー2勝で昨年に続き2年連続賞金王となった今平周吾(27=写真右)が選ばれた。だが晴れやかな表彰を受けながら今平の表情はいまひとつ冴えない。

 それも道理、彼が優勝したブリヂストンオープンは悪天候のため競技が半分の36ホールに短縮。ダンロップフェニックスは最終日が中止になって54ホールに短縮だった。今平は最後の詰めが甘いことで知られ、これまで多くの大会で、最終日に逆転されている。つまり、2つの優勝は短縮に助けられたもので、本人にすれば不完全燃焼。冴えない顔も当然である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  6. 6

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  7. 7

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  8. 8

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  9. 9

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る