巨人・原監督が侍J稲葉監督を大絶賛のウラ側 大学講義で

公開日: 更新日:

 巨人原辰徳監督(61)が7日、客員教授を務める千葉県勝浦市の国際武道大で16年連続16回目の講義を行った。

 東京五輪を控える侍ジャパンについて、原監督は昨年11月の「プレミア12」で世界一を勝ち取った稲葉篤紀監督(47)の「3つの用兵、作戦が素晴らしかった」と切り出した。

 まずはベネズエラ戦の八回、2点を追う1死満塁で、不振にあえぐ坂本に代打・山田哲を送った場面だ。「坂本も素晴らしい選手。なかなかできるものではない」と指摘。山田は押し出し四球を選び、逆転勝利を呼び込んだ。2つ目は1点を追うオーストラリア戦の七回、代走・周東が2つの盗塁と投前へのセーフティーバントで生還した場面。3つ目は韓国との決勝で、先発の山口を一回で降板させた決断だ。

「プレミア12でもし結果が良くなければ、日本代表チームも稲葉ジャパンという名で五輪を目指していたかどうか分からない。(五輪でも)思い切った用兵を迷わず瞬時に決断して欲しい」とエールを送った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  6. 6

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る