巨人・原監督が侍J稲葉監督を大絶賛のウラ側 大学講義で

公開日: 更新日:

 巨人原辰徳監督(61)が7日、客員教授を務める千葉県勝浦市の国際武道大で16年連続16回目の講義を行った。

 東京五輪を控える侍ジャパンについて、原監督は昨年11月の「プレミア12」で世界一を勝ち取った稲葉篤紀監督(47)の「3つの用兵、作戦が素晴らしかった」と切り出した。

 まずはベネズエラ戦の八回、2点を追う1死満塁で、不振にあえぐ坂本に代打・山田哲を送った場面だ。「坂本も素晴らしい選手。なかなかできるものではない」と指摘。山田は押し出し四球を選び、逆転勝利を呼び込んだ。2つ目は1点を追うオーストラリア戦の七回、代走・周東が2つの盗塁と投前へのセーフティーバントで生還した場面。3つ目は韓国との決勝で、先発の山口を一回で降板させた決断だ。

「プレミア12でもし結果が良くなければ、日本代表チームも稲葉ジャパンという名で五輪を目指していたかどうか分からない。(五輪でも)思い切った用兵を迷わず瞬時に決断して欲しい」とエールを送った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  9. 9

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る