SB千賀がメジャー直訴明かす 主力級大流出で21年WBCに暗雲

公開日: 更新日:

 ソフトバンク千賀滉大(26)が23日、球団事務所で契約交渉に臨み、1億4000万円増となる年俸3億円の単年契約でサインした。

 今季は26試合に登板し、13勝8敗。4年連続2ケタ勝利をマークした。9月のロッテ戦でノーヒットノーランを達成。227奪三振で初の最多奪三振のタイトルを獲得した。

 来年は東京五輪イヤー。王球団会長にもキーマンに挙げられ、「その時期に選手でいるのは貴重で奇跡」と意気込むが、問題は祭りの後である。

 交渉の場ではポスティング制度を利用して米大リーグ挑戦の容認を求めたことを明かした。

 海外FA権を取得できるのは、早くても2023年シーズン。ソフトバンクは同システムを利用しての大リーグ挑戦を認めていないが、千賀の直訴はこれで3年連続となる。「去年から気持ちは変わっていない。(球団には)考えてもらえるような形になっている。決めるのは球団なので」と話したように、球団が熱意に折れる可能性もありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る