小野寺誠
著者のコラム一覧
小野寺誠プロゴルファー

1970年、東京都生まれ。6歳よりゴルフを始め、小学6年の時に青木功がハワイアンオープンで優勝したシーンをテレビで見て、プロになることを決意。中学,高校は、ゴルフの名門校である日大付属のゴルフ部で活躍。ジュニアトーナメントでも成績を残す。16歳でアメリカ留学を決意。アメリカで現在カリスマコーチである江連忠プロと出会い、共に試合に転戦しながらゴルフの最新理論を学ぶ。帰国後、1996年プロテストに合格。多数の試合に出場した経験を生かし独立。現在はアマチュアを主に男女を問わず指導する。

ピンの根元が見えない 50ヤード打ち上げアプローチを打つ

公開日: 更新日:
イラスト・たかぎしひろや

 残り50ヤードのアプローチでも、ピンフラッグだけ見えて、ピンの根元が見えない打ち上げという状況になると、100切り挑戦レベルのアマチュアは、うまく寄せることができません。

 距離ジャッジが難しく、フラッグが見えるだけで割と近く感じるからです。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  7. 7

    安倍首相が疑惑の大手IT社長と会食で「世論操作か」の声

  8. 8

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  9. 9

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  10. 10

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る