2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

公開日: 更新日:

 クールな色男の表情が、心なしかほころんで見えた。

 16日、平幕の遠藤(29)が、大関とりを目指す関脇朝乃山(25)を撃破した。立ち合いで朝乃山の当たりに負けず、左からのおっつけ。相手の右差しを封じ、前に前に出て難敵を寄り倒した。

 遠藤はこれで2横綱1大関1関脇を倒し、4勝1敗。4日目の15日は貴景勝に敗れたものの、力自慢の大関を追い詰めるなど内容は遠藤に軍配、という相撲だった。

 女性ファンを中心に人気は現役力士でもトップクラス。ザンバラ髪で幕内デビューした2013年あたりから「格好いい力士がいる」と評判になり相撲女子、いわゆる「スー女」誕生のきっかけにもなった。昨年10月、同年の5月に結婚していたことを発表。女性ファンからは悲鳴が上がった。

 あるタニマチ筋は「驚くのは、結婚相手の素性を誰も知らないことです」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  4. 4

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  5. 5

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  6. 6

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  7. 7

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  8. 8

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  9. 9

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  10. 10

    拙いコロナ対応 外国人選手の東京五輪ボイコットに現実味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る