宮城野部屋ケンカ騒動が角界に浴びせた冷や水 稽古萎縮も

公開日: 更新日:

 12日に初日を迎える大相撲1月場所。賜杯は大関昇進を目指す朝乃山か、それとも貴景勝の手に渡るのか。あるいは白鵬が久々の2場所連続Vを達成するかなど、話題になっている。

 そんな盛り上がりに水を差したのが宮城野部屋のケンカ騒動だ。当事者である石浦(30)は減俸とけん責、宝香鵬(30)はけん責のみ。ネットを中心に世間では「大甘処分」「最低でも出場停止」と非難轟々だが、芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「これ以上重い処分だと力士が萎縮する」と話した。

 過去、暴力で出場停止になった力士は、主に上下関係を利用したことが問題になった。今回は関取で弟弟子の石浦、幕下ながら兄弟子の宝香鵬という、対等に近い者同士の稽古中のケンカだ。これを「同じ暴力だ!」というのは、ミソもクソも一緒くたにするようなものだろう。

 芝田山親方の言い分には一理ある。ある親方は「拳で殴り合うのは論外だが」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  2. 2

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  8. 8

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  9. 9

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  10. 10

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る