「僕はメンタルが」初黒星の朝乃山 ネックは体よりアタマ

公開日: 更新日:

 前日までの覇気もなく、支度部屋では終始うつむいていた。

 15日、大関とりを狙う朝乃山(25)に土がついた。立ち合いから阿炎のもろ手突きで上体を起こされると、怒涛の突っ張りに耐えきれず、押し倒された。

 支度部屋では意気消沈。

「前に出られなかった。ダメな相撲でした」

 と話し、「自分の持ち味を出せなかった。悔しい。明日以降? 前に出て相撲を取りたいです」と、反省ばかりが口をついた。

 188センチ、177キロの体で、右差し、左上手を得意とする正統派四つ相撲の力士。前に攻めながらまわしを探るスタイルを身につけてからは、メキメキと成長している。

 一方、鍛え抜かれた体に比べて、メンタルは強い方ではない。本人が常々、「僕はメンタルが弱い」と言っているのも、謙遜ではなく事実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  3. 3

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  10. 10

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る