「僕はメンタルが」初黒星の朝乃山 ネックは体よりアタマ

公開日: 更新日:

 前日までの覇気もなく、支度部屋では終始うつむいていた。

 15日、大関とりを狙う朝乃山(25)に土がついた。立ち合いから阿炎のもろ手突きで上体を起こされると、怒涛の突っ張りに耐えきれず、押し倒された。

 支度部屋では意気消沈。

「前に出られなかった。ダメな相撲でした」

 と話し、「自分の持ち味を出せなかった。悔しい。明日以降? 前に出て相撲を取りたいです」と、反省ばかりが口をついた。

 188センチ、177キロの体で、右差し、左上手を得意とする正統派四つ相撲の力士。前に攻めながらまわしを探るスタイルを身につけてからは、メキメキと成長している。

 一方、鍛え抜かれた体に比べて、メンタルは強い方ではない。本人が常々、「僕はメンタルが弱い」と言っているのも、謙遜ではなく事実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る